や・ら・わ行 に関する用語
野蚕絹(やさんぎぬ) 家蚕繭(かさんまゆ)以外の繭から得られる絹で、山繭絹(やままゆぎぬ)と柞蚕絹(さくさんぎぬ)がある。
山繭絹(やままゆぎぬ) 山繭糸ともいう。野蚕絹(やさんぎぬ)の一種で、山野で飼育され、桑以外の櫟(くぬぎ)、楢(なら)など野生植物の葉を食して生育する。
山繭織(やままゆおり) 「やままいおり」ともいう。山繭糸で織った絹織物のこと。
山繭紬(やままゆつむぎ) 「やままいつむぎ」ともいう。山繭とは野生種の蚕のことで、山繭を紬いだ糸と家蚕糸を交織し、染色に馴染まない山繭の特性を生かして織った紬織物をいう。
矢鱈縞(やたらじま) やたらとは「勝手気まま、不規則な」という意味で、地糸や縞糸の色や配列が不規則な縞のこと。
友禅染(ゆうぜんぞめ) 模様染めの一種で、元禄年間に宮崎友禅があみ出したためこの名がある。多彩な色で、花鳥風月などの絵柄を綺麗に染め出した美術工芸的な手法が用いられる。
緯糸(よこいと) 織物のよこ方向の糸。
撚り糸(よりいと) 2本の単糸を撚り合わせて1本の糸にしたもの。
撚り係数(よりけいすう) 撚りの強さは同じ太さの糸では撚り数の大きい方が強い撚りということになるが、撚り数が同じでも太い糸の場合は強い撚りになり、細い糸では弱い撚りになる。したがって撚りの強さは単に撚り数の大小だけでは表現できないので、糸の太さと関連させた「撚り係数」という数字であらわす。
撚り数(よりすう) 糸に撚りをかける場合、その撚り数の単位は糸の種類によって異なる。綿糸による糸は1インチ間の撚り数であらわす。
楊柳クレープ(ようりゅうクレープ) たて方向に筋のようなしぼの発生した織物のこと。
よろけ縞 たて方向の縞が波状に曲がりくねっている縞のこと。
リング・ヤーン 細い芯糸に、太い搦(から)み糸を撚り合わせ、これを安定させるために細い押さえ糸で、先の2本とは逆の方向に撚り合わせたもの。
両しぼ 織物の表面にしぼを出すには、よこ糸に強撚糸を織り込み、撚りの戻ろうとする力によって発現させる。
リピート 捺染(なせん)における柄の繰り返しのことで、「送り」ともいう。
琉球縞(りゅうきゅうじま) 沖縄の綿織物でよく使われる、藍染の地に空色の縞柄のものをいう。
ループ・ヤーン 不規則な大きな輪奈(わな)のある糸。細い芯糸に太めの輪奈糸を芯糸よりも速く、たくさん撚りからませることにより、輪奈糸がたるんで、輪奈状になったもの。
レーヨン 広義では化学繊維のうち、パルプなどを原材料とした繊維素からなる再生繊維の総称。絹に似た光沢感と、すぐれた染色性をもっていて、裏地を中心として、ドレスやブラウス地に使用される。
レース 一般にすき間が多く、それで模様をあらわした布をいう。
絽(ろ) からみ織りの一種。薄地で、軽量で、すき間が多く、通気性に富んだ織物。
ローン 薄く、密で、滑らかな織物。通常たてに60〜80番手、よこに80〜100番手のコーマ糸を使う。
ろうけつ染 手工芸的な防染(ぼうせん)法の一種で、ろうけち染ともいわれる。ろうを防染剤とするもので、綿や絹などの織物上に、筆または筒を用い、ろうで模様を描いてから染め、染めあと、ろうを除去して白く抜く。
ロータリー・スクリーン捺染 略してロータリーともいう。ロータリーはたくさん穴のあいた円筒にスクリーンを巻き付け、円筒の中から色糊をしみ出させて、円筒に接して走る布に染め着けを行う方法である。
トップページへ