は行 に関する用語
半合成繊維 化学繊維の一種。植物や動物から産出した天然繊維の的につくられる合成繊維とは異なる。
番手 紡績糸の太さをあらわす単位。綿糸用の綿番手、羊毛糸用の毛番手(けばんて=メートル番手)、麻糸用の麻番手がある。
博多織 博多特産の練絹織物。たて細い糸で密度を高く、よこは太い糸を織り込んでよこ畝をあらわした平織物。
蜂巣織(はちすおり) ハニコムともいう。浮き糸を四角形につかって枡(ます)型の凹凸を織り出したもので、ちょうど蜂の巣に似ているところからこの名がある。
羽二重(はぶたえ) たて、よこに無撚りの生糸を使った薄い平織りの絹織物で、光沢があり、手触りが柔らかで腰がある。日本の代表的な品種であったが最近では少なくなった。
抜染(ばっせん) あらかじめ無地染された生地に模様を印捺して、その部分の地色を抜き取って白くしたもの。
疋(ひき) フィラメント織物の長さの単位。和装の小幅織物では2反分の長さをいう。
襞織(ひだおり) タック織ともいう。たて二重織で、鎧(よろい)の威(おどし=鎧の連結に用いられる革糸、もしくはその状態)のような、よこ方向の襞を織り出した織物。
平織 織物の三原組織のひとつ。たて糸とよこ糸が1本ごとに交錯する、もっとも単純で基本的な組織で、また、もっとも多く使われている組織でもある。
漂白 繊維中に含まれる組織を除去して白くすること。
複合糸 2種類以上の繊維素材組み合わせてつくる特徴のある糸のこと。
ファブリック 「布地」のことで、広義では、織物、編物、不織布(ふしょくふ)に大別される。狭義では織物をいう。
風通織(ふうつうおり) 単に風通ともいう。二重織の一種で、小さな袋状の模様が現れる織物。
フェルト 反毛(はんもう=繊維の糸くずを再製した羊毛)などを縮充させてシート状にしたもの。
ふくれ織 マトラッセ、クロッケともいう。二重織を応用して凹凸の模様をあらわしたもので、正しくは接結模様二重織という。
節糸織(ふしいとおり) 節織(ふしおり)ともいう。和装用絹織物の一種。玉糸をたて、またはよこ糸に使った、先染のたて縞織物で、織物の表面に節があらわれるのが特徴。
不織布(ふしょくふ) 織物にも編物にも属さない布のこと。繊維を糸にせず、繊維そのままで布状にしたもの。
部分整経(ぶぶんせいけい) たてストライプ(チェックも含め)の織物をつくる場合の整経方式で、織物の幅を約10分の1ぐらいずつ整経していくのでこの名がある。
紡績 天然繊維の短い繊維、または化学繊維のステープルを、平行に並べ、均一の太さに引き揃えて、撚りをかけ、糸にすることをいう。
細番手(ほそばんて) 番手とは紡績糸の太さをあらわす単位。数字が大きくなるほど糸は細くなる。
ポリエステル 石油、天然ガスなどを原料にした合成繊維。ナイロンに次いで強く、弾力性があり、軽く、しわがよりにくく、強硬化性がある。
は行に関する解決いたしましたか?

トップページ
ま行