た行 に関する用語
経糸(たていと) 織物のたて方向の糸。織物は経糸と緯糸(よこいと)が直角に交差して作られる。
玉糸 蚕が繭をつくる場合、2匹がひとつの繭を作ることがあり、これを玉繭という。
単糸(たんし) フィラメント糸や紡績糸の1本の糸のこと。
タイ・シルク タイで作られる絹織物のこと。たて糸に極細の絹糸、よこ糸に甘撚りの紬糸を使い平織りにしたもの。
多重織り(たじゅうおり) 2枚以上の織物を重ねて織る織物のこと。
畳織(たたみおり) 斜子織りのこと。
経糸糊付け(たていとのりつけ) 織物を織る場合、特定の糸を除き、ほとんどのたて糸は糊を付けなければ織れないため、整経のあと、たて糸を引き揃えてシート状にして糊を付ける。これにより糸の毛羽(けば)が伏せられ、糸の収束性がよくなるため織りやすくなる。
経密度 織物の規格の一要素で、たて糸の粗密を表す尺度。
経緯縮緬(たてよこちりめん) たて糸とよこ糸の両方によってしぼを出した縮緬のこと。
反染 織物やニットの状態で染めること。
苧麻(ちょま) ラミーともいう。
縮緬(ちりめん) 平縮緬ともいう。表面にしぼを立てた絹織物を和装では縮緬、洋装ではクレープということが多い。
中形染(ちゅうがたぞめ) 中型染と書く場合もある。織物の両面に模様を型紙捺染(かたがみなせん)することで、これで染めた単衣地、浴衣地のことを「中形」という。
注染(ちゅうせん) 初めから染まらない部分をつくって染める防染(ぼうせん)方法のひとつ。
縮(ちぢみ) 楊柳、または楊柳クレープともいう。よこ糸に強撚糸を使って平織にし、布面にしぼを出した綿織物。
綴織 綴錦(つづれにしき)ともいう。花鳥、風景など複雑で絵画的な紋様を織り出す技法およびその織物のこと。
紬(つむぎ) 真綿(まわた=絹のわた)を手で紡いだ糸を、たて・よこ糸に使って手織機で絣(かすり)、縞、白などに織り上げた洗練織物で、節(ふし)が所々にある。
艶出し仕上げ 織物に光沢をあたえる加工のこと。
天然繊維 自然が生み出した繊維をいう。大別して植物が生み出した植物繊維、動物が生み出したものを動物繊維とよんでいる。
デニム たて糸に20番手双糸、よこ糸に細めの晒(みざらし)糸を使って綾織にした綿織物。
天竺(てんじく) 金巾(かねきん)よりやや厚めの、綿の平織物。
手捺染(てなせん) ハンドともいう。型紙、スクリーン、ブロックなどに模様を彫刻し、手工芸的に生地に捺染(なせん)する方法のこと。
転写捺染(てんしゃなせん) 近年開発された捺染方法で、原理は子供の遊びに使われる「写し絵」と同じ。模様をあらかじめ紙に印刷しておき、この紙を布面に重ね合わせて熱を加え、紙の上の模様を布に転写して染める方法のこと。
動物繊維 動物から得る繊維の総称。獣毛からとる獣毛繊維と蚕からとる蚕繊維の2種類がある。
トリアセテート アセテートと同様、酢酸セルロース繊維であるが、特に酢酸の割合が59.5%以上のものをトリアセテートという。
唐桟(とうざん) 唐桟留(とうざんとめ)ともいう。江戸時代の半ば頃から流行した唐桟縞という細かい縞を織り出した綿織物。
ドビー ドビーとは、織物を織る時に、たて糸を上下に開口させる開口装置の一種。梨地織りのような無地組織から比較的簡単で小柄な地模様までを繰り出すことができる。
トップ染 羊毛の先染(さきぞめ)の一種。トップとは「毛糸に紡ぐ前に、棒状のわたを軸棒に巻き取ったもの」をいい、これをそのまま染色したものをトップ染という。
た行に関する解決いたしましたか?

トップページ
な行へ