か行 に関する用語
化学繊維 再生繊維と合成繊維を合わせて、日本、ドイツ、フランスなどではすなわち化学繊維という。
加工糸(かこうし) 各種の糸に種々の加工を行ったもの。化学薬品などで加工したものや、金属糸、飾燃糸など種類は多い。
家蚕絹(かさんぎぬ) 屋内で桑葉をあたえて飼育する家蚕の繭からとった絹のこと
カシミア カシミア山羊の毛をいう。毛質は柔らかく、柔軟で独特のぬめりがある。最高級品として扱われている。
綛(かせ) 綛枠(かせわく)で巻き取り、取り外した糸の束。
綛糸(かせいと) 綛の状態になっている糸のこと。
カード糸 綿糸をつくる工程で、短繊維の除去と繊維を平行に引き揃えるためのカードという工程があり、全てが工程を通る。
カポック綿 カポックの樹の実に生える白い綿のこと。シルク・コットンともいう。
ガーゼ 甘撚りの糸を、粗い平織りにして、柔らかく仕上げた綿織物。
カット・アンド・ソーン ニットを裁断して縫製した製品のこと。
絣(かすり) 糸を部分的に防染して、染色し、それをたて、よこに使って織り、防染部分で模様を作る織物、またはその模様をいう。産地により、久留米絣、伊予絣、備後絣などがある。
型紙捺染(かたがみなせん) 紙などの切り型を使って行う捺染。美濃紙を柿渋で張り合わせた紙に模様を切り抜いて型紙をつくり、これによって捺染する。型友禅ともいわれる。
加賀友禅(かがゆうぜん) 金沢で発達した手描き友禅のこと。
顔料(がんりょう) 染料が水溶性であるのに対し、水や油に溶けず繊維との親和性のない色素をいう。
生糸(きいと) 生絹(きぎぬ)ともいう。繭をほどいてくり取ったままの糸。
絹(きぬ) 絹には家蚕(かさん)と野蚕(やさん)とがある。野蚕には山繭がある。家蚕の繭をほどいてとった糸を生糸という。
あらゆる繊維の中で、もっとも上品な光沢をもっているといわれる。また天然繊維の中でももっとも細く、強いもので、染色も容易で発色に優れている。
キャメル ラクダの毛のこと。
キュプラ レーヨンの一種で、再生繊維。絹に似た光沢感としなやかさがあり、弾力性に富む。
生機(きばた) グレーともいう。未晒し(みざらし)糸のままの織物のこと。精錬、染色加工前の織物のこと。
黄八丈(きはちじょう) 八丈島が原産の先染め絹織物。紬糸を島で取れる刈安(かりやす)などの植物染料で、黄色やとび色に染め、縞または格子柄に織ったもの。
ギャバジン 緻密で丈夫な腰のしっかりとした綾織物。
キャンパス 通常10番手くらいの糸を密に織った非常に丈夫な、厚手の平織物で、スニーカーなどに使用される。
キルティング 2枚の布の間にはさまれた綿(わた)を、移動しないように布の上から縫い合わすこと。
強撚糸(きょうねんし) 標準的な撚り数よりも強い撚りをかけた糸のこと。
機械捺染(きかいなせん) ロール捺染、マシン・プリントともいう。
起毛(きもう) 布の表面から毛羽をかきだすこと。
京友禅(きょうゆうぜん) 京都で生産されている友禅染のこと。
組み物 糸を組み合わせて作ったものの総称。組み紐、組み笠、組み帯などがある。
クレープ しぼ織りのこと。織物の表面に細かい、さぎ状の凹凸のある織物の総称。日本の縮緬(ちりめん)もクレープの一種。
括り(くくり) 織物、糸を糸で縛ること。
草木染め 植物の葉、茎、実、根に含まれている成分を抽出して染めたものの総称。
絹紡糸(けんぼうし) 養蚕(ようさん)、製糸などででる繭屑(まゆくず)や、製糸屑の類を原料として紡績した絹糸のこと。
ゲージ 編み機の針の密度を示すもの。
蛍光染料 繊維に付着し、漂白物の反射光線に含まれる黄みを消し、一層白く見せるための増白剤のこと。
形態安定加工 主として綿製品の防縮、防しわ、ノーアイロンなど、便利性、ソフトな風合いからヒットした。
原料染め わたの状態で染めること。わた染めともいう。
合成繊維 植物や動物からとれる繊維ではなく、石油、石灰石、塩素などの有機質を原料にして合成した化学繊維。
コットン 綿花、木綿のこと。
コーマ糸 カード糸に対する言葉で、カード工程の後でさらに短繊維の除去と、繊維の平行度をよくするためのコーマという機械を通して精製した綿の細番手高級糸をコーマ糸という。
駒撚り糸(こまよりいと) 練り糸の強撚諸撚り糸(もろよりいと)のこと。和装織物の糸として使用される。
混紡糸(こんぼうし) 異種の繊維を混ぜ合わせて紡績した糸のこと。繊維の組み合わせは大体が決まっている。合成繊維と天然繊維、合成繊維と再生繊維の組み合わせがほとんど。
交織(こうしょく) 2種類以上の異なった糸を使って織ること。
コーデュロイ コール天ともいう。毛羽がたて方向に畝になっている織物。
小幅 和装織物は洋装織物にくらべて幅が狭いため、和装織物の幅を小幅という。実際には9寸〜1尺1寸程度のもの。
ゴブラン織り タペストリーの一種で、毛、絹、綿などで織られたつづれ織のこと。
子持縞(こもちじま) 太い線と細い線が一対になって繰り返す縞のこと。
小紋(こもん) 小型の模様を生地の地一面に染め出したもの。
か行に関する解決いたしましたか?

トップページ
さ行